大切なiphoneが壊れてしまった時に行う症状別の修理法


最も多い水没をしてしまった時には

気をつけていてもiphoneの故障原因として多いのが、トイレや水溜りに落としてしまうことによる水没の故障です。水没をした後に電源をつけても動かない時には、内部の電線に水が入ってショートしていることが原因です。水没した場合の修理方法としては、水の量が少なく大半の部品が無事である場合には、遠心分離機や乾燥機を使って中身の水分を徹底的に飛ばす方法をとることで再び使用する事が可能になります。しかし水の侵入があまりにも多い場合には、iphoneの使用はあきらめてもらいその代わりに中身のデータチップから記録したデータを抜き取ってメモリーに登録して持ち主に渡します。

落としたことによる破損の修理方法

水没の次に最も多いのが誤って固い道路などに落としたことによる破損です。iphoneも落とすことによる破損を想定しているので安全実験を行ったうえで販売していますが、それでも階段の角や高いところからの落下などが起きれば壊れてしまいます。液晶画面が割れて手が触れても動かなくなったときには、液晶画面のガラスを取り換えて電源を起動しそれでも動かない時にはデータを取り出して別の機器に移し替えます。

ウイルスに感染した場合には

近年増えているiphoneの故障原因としてウイルスに感染が急増しています。そのままにすると中身の個人情報を取られるだけでなく、身代金ウイルスのように機能自体を止められてしまうことも起きるのです。もしウイルス感染による故障が起きた時には、即座に修理屋に依頼して中身のウイルスの除去プログラムで処理してもらいます。その上で2度と感染しないようにパスワードの変更などを行うとともに、ウイルスソフトをダウンロードして防衛策を取る形になるのです。

iphone修理を天王寺で行う事は消費者にとってメリットが多いです。アフターサービスが非常に豊富となります。