ホームページの基本!分かりやすさと見やすさを重視!


ホームページは分かりやすい方がいい

ホームページを作るときに考えすぎて、難解なホームページになることがあります。そんなホームページを閲覧者は求めていません。ホームページを見たら、欲しい情報がすぐに分かる方がいいのです。そのため、分かりやすいホームページを目指すことが重要です。では、分かりやすいホームページはどのようなものかというと、情報がまとまっているものです。系統別に情報が整理されていると、探す側としては楽に情報が見つけられます。さらに、情報を詳しく見るための別ページを用意しておくことも大事です。一つのページに詳細な情報まで書いてしまうと、情報が多くなって見にくくなります。それを防ぐために別ページを作るのです。

見やすくないと閲覧者は見ない

閲覧者はホームページは開いた瞬間に、見るかどうかの判断をします。パッと見て、見にくかったすぐに閉じます。極端な例でいうと、細かい文字しかないホームページはすぐに閉じられるでしょう。段落分けもされていない論文のようなホームページを、見る人はほとんどいないです。そう考えると、イラストや絵を多く使っているホームページは、見やすいと感じる人が多いでしょう。情報を伝えるのに文字しか使わないホームページよりも、イラストで伝える方がいい場合もあるのです。

どちらも簡単にできる

分かりやすくて見やすいホームページはどのようなものかというと、情報ごとに段落を分けてイラストを多く使っているものです。段落分けをするのは改行をするだけでいいですし、イラストはあてはめるだけです。作業的には決して難しくありません。やる気次第で分かりやすくて見やすいホームページは簡単に作れます。

ホームページ制作は、HTMLを呼ばれるプログラムを使って行います。専用のソフトがあれば、プログラミングの知識がなくても簡単に制作可能です。