古いHTMLでウェブサイトを作っても今のブラウザでちゃんと表示させられる?


独自拡張タグを認識しない可能性

古いウェブ制作のマニュアル本を参考にしてホームページを作った場合、それは現行のブラウザでもちゃんと表示されるものになるのでしょうか。

まず、新しいブラウザで古いHTMLを読み込むのは基本的に問題ありません。古いブラウザで新しいHTMLを読み込もうとすると、最新HTMLのタグをサポートしていないため、ページ制作者が意図した通りに表示されないことがあり得ますが、新しいブラウザは古いHTMLのタグをちゃんと認識できるからです。

ただ、一部の古いブラウザ向けに作られた独自拡張タグは認識されないことがあります。昔はブラウザに独自機能を搭載することで差別化し、シェアを拡大しようとしており、Aというブラウザなら読み込めるタグが、Bというブラウザでは読み込めないといったことがよくありました。現在は例外的なタグを作らず、統一したルールの下で、標準化したHTMLを作るという方向になっているため、ブラウザ側も過去に作られた独自拡張タグを無視することがあるのです。たとえば、文字を点滅させるblinkタグが該当します。

文字コードの指定を省略したサイトは文字化けする

また、古いウェブ制作マニュアルの場合、HTMLを書くときに文字コードを指定するというルールを無視しているものがあります。昔は文字コードの指定を省略しても正常に表示できていたからです。

しかし、最近のブラウザで文字コードの指定がないHTMLを読み込んだ場合、文字化けしてしまうことが少なくありません。したがって、文字コードの指定は必ず行うようにしましょう。

専用のソフトを使用すれば簡単にホームページを制作できます。そのホームページもHTMLやCSSのマークアップ言語でコーディングされています。webの仕事にはコードの意味を知り記述できる必要があります。