液晶のひび割れも要注意?!ちょっとした油断が大きな故障につながることに


iphoneは水濡れ厳禁です

iphoneの故障の中でも多いのが、本体を水に濡らしてしまう水没です。iphone内の重要部分が水に濡れてしまうとショートしてしまい、完全に故障してしまうのです。さらに怖いのが、水没での故障は本体を水の中に落とさなくても起きてしまう可能性があることです。iphone内に侵入した水分が重要部分に浸透することで、水没した時と同じような状態になってしまう可能性があるのです。液晶画面の小さなひび割れからもiphone内に水分が侵入することがあり、ちょっとしたひび割れと思って油断をしていると取り返しのつかないことになってしまう場合もあるのです。

自分で処置をするとかえって悪化することも

iphoneを水没させてしまいついやってしまいがちなことが、何と自分でiphoneを復活させようとする行為です。一番してしまいがちなのが、電源が入るかを確かめるために何度もiphoneを起動させたり電源を切ったりする行為です。これを行うことでまだ内部にまで浸透していなかった水分が隅々まで行きわたってしまうことがあり、iphoneの状態をより悪化させてしまうことがあります。他にも、iphoneから水分を排出させようと本体を振る行為や、iphone内部の水分を乾燥させるためにドライヤーで温風を当てる行為など、これらは全て内部まで水分を浸透させる行為になります。万が一iphoneを水没させてしまった場合は、速やかに専門の修理店に持って行くようにしましょう。iphoneが復活する可能性が一番高い方法です。

iphone修理を銀座でしてもらいたい場合は、繁華街や駅前などにある特約店や各種修理店に持ち込みましょう。