スマホが水没した!応急処置で復旧をしよう


修理店の閉店時間中にスマホが水没した場合の応急処置

スマホが水没してしまったということは、良くあることです。すぐに修理業者にもって言って復旧できる場合も少なくありませんが、長期休業をしていることもあります。修理業者を通さずにスマホを復旧させるには、どうしたらいいでしょう。単純に天日干しをしておけば乾く場合もありますが、乾燥させる前に、まずは電源を入れずに電池やSDカード、SIMカードを取り出してください。その後、全て水気をペーパータオルなどでふき取りましょう。

応急処置を行う前に、必ず以上のことを行ってください。復旧する可能性が高まるからです。なお、スマホを拭く時、細かな部分はペーパータオルでは拭きづらい場合もあるでしょう。そんな時には必ず綿棒を使ってください。綿棒なら細かな部分の水滴もきれいに取り除いてくれます。これらの行動を取っ手から、修理店が開く前に応急処置を行ってください。

応急処置を施して開店時間を待つ

事前に水滴を拭いておいた場合、天日干しをすると回復しやすいです。1日放置しておけば直りますが、夜間だと難しいでしょう。その場合には、お菓子などについている乾燥剤と一緒に密封できるビニール袋にいれて放置してください。そのままスマホ修理店がオープンする時間まで放置し、オープン時間になったら持参して状況を説明し、修理を依頼してください。なお、精密機械なのでドライヤーで乾燥させるのは良くありません。精密機械の部品の接続部分が溶けてしまう可能性もあるからです。また、温度によってパーツ自身が故障してしまうリスクもあるため、絶対にやめてください。水没を復旧させるためには、乾燥剤とビニール袋が一番天候や時間を選ばず、最適な方法といえるでしょう。

スマートフォンは電池内蔵型がほとんどであり、携帯電話会社の電池交換は、スマホ修理と同様に戻って来るまでに1週間以上の期間が掛かる事もあります。